パワーシートのガタツキ!
運転中にシートの違和感を感じる事が徐々に大きくなってきました。ネットでも同じ様な症状を訴えるオーナーが少なからず居るという事が判りました。1ヶ月点検時にサービスマンに症状を伝えると「他にそのような報告が無いのでもう少し待って欲しい」という返事が帰ってきました。
しばらくはそのままの状態でしたが、かなりガタツキも大きくなり異音も発生してきました。ちょうどその頃に同じ様にシートレールを交換されたオーナーから「対策品」の情報をいただきました。(当サイトのQ&Aなどを参照してください。)
その情報をもってディーラへ行きとりあえずシートレール交換を行う事になりました。
シートレール交換  
担当サービスマンより新しいシートレールが届いたという連絡が有りました。
交換作業もじっくりとチェックするために時間を作って交換に行ってきました。

新しいシートレールを箱から出しフレームに歪み等がないかをチェックします。
今回届いた箱を見ると部品コードなどが書かれたシールが貼ってあります。このコードを見る限りこれまでのコードと全く同じでした。
(事前情報でも確認済みでした。)
まず現在のシートレールを外すために運転席全体を取り外します。パワーシートの為にかなりの重さがあるために慎重に作業をしてシートを車外に出します。シートレールを外す為にシートのクッション部分や背もたれの部分を分解してきます。
シートレールを外したところで新しい方と比較をしてみる事にしました。
↑トラブル品       ↑新しい方

とりあえず製造日は11月以降で有る事が確認できました。
他に相違点が無いかチェックしてみます


モータに押された番号も当然ですが違ってました。


可動部分にもグリスがしっかり塗布されてます。



パーツの違いで唯一目視で確認できたのがここです。
シートレールスライド部分の取付の固定パーツです。



外したシートレールを手で力を加えるとガタツキ発生場所が判明!
今回の症状(シートカックン)はほぼここのガタツキが原因でしょう。
ただし他にもパワーシートの異常が有るようですので
パワーシートのトラブルでお悩みの方は担当者に不具合を伝えて
対処方法をご検討ください。

僕も今回のシートレール交換で完全に完治したかはまだ不明です。
これからしばらくは細かく経過をチェックする必要が有りそうです。
シートレールの部品番号が変更になりました【2005/3/4】

【旧品番】87400−CB400

【新品番】87400−CB40
A
対策シートレール画像追加【2005/4/19】



8箇所にドライベアリングを使用した(写真の赤い矢印)カックン現象対応版です。
他に黄色の矢印のロッド部分が樹脂コーティングされています。
(この意味合いはサービスの方も分からないとのことでした。)
情報提供:FunToDriveさん
2度目のシートレール交換(2005.6.26)
1度目のシートレール交換から半年、あのシートカクン現象が再発してきました。最初は前回同様シートの剛性感が無くなっていき、 やがてカクン現象が発生、音もかなり聞こえるようになりました。さっそく担当者に連絡をし「また例のカックンが出たよ〜」と伝え、新しく対策をされたと言われるシートレールに交換することになりました。シートレールはチョット前に届いていたのですが、ようやく交換時間ができたので交換を実施する事に!
まずは届いたシートレールの品番を確認!
87400-CB40Aと間違いない事を確認し、さっそく交換作業開始です。 前回同様、重いパワーシートを車両から外しシートをドンドン分解していきます。シートレールまで分解できたところで異常の発生したシートレールを再確認してみました。前回とほぼ同様の前側左側のステーに若干のガタツキが確認できましたが、これが直接的なトラブル原因の発生箇所との断定は難しい状況でした。

交換後の感じは前回とほぼ同様で剛性感が増し、ガタツキは無くなりました。今回交換作業中に気がつきましたが、市^とレール取り付け部とシート座面フレームの固定は4箇所のネジで固定されているのですが、このネジの締め付けトルクが弱い場合などにもガタツキが発生しやすい状況になるようです。

さてこれで完治してくれるかな(^_^;;;
3度目のシートレール交換&フレーム交換 (2006.2.17)
2度目のシートレール交換からしばらくはガタツキも無く快適な日々が続きましたが、年末の旅行の途中でまたもやガタツキが再発しました。 さっそく帰ってからディーラーへ持ち込み現状を確認して貰いました。その時に試乗車のムラーノと比べたのですが明らかにシートの剛性感が無くシートバックを手で揺するだけでシート全体が動く状態になってました。サービスマンと相談した結果、再度シートレール交換と同時に今回はシートのフレームを交換する事になりました。
部品が全て揃ったという連絡が有り、さっそく交換作業をチェックしながら原因を探してみることにしました。
←今回新しく来たシートレールです。
今までの対策品と同じで特に変更点を見つけることはできませんでした。
今回はこのシートレールの不良ではなくフレームの方が怪しいと言うことでシートの分解をしていきます。純正のシートは比較的簡単な構造のために分解自体はさほど難しくありません。
フレームだけの状態にして驚いたのがフレーム部分のサビの侵食です! 画像の茶色の部分が全て赤サビが発生している部分で(^_^;;;
まさかココまでサビが発生しているとは思っても見ませんでした。
←こちらが新しく届いたシートフレームです。全体に塗装がされてサビなどの心配は無いように思えます。
またフレーム自体の剛性も多少高くなっているようでした。(製造時の誤差の範囲内かな)
交換を終えてガタツキに関してはほぼ無くなりました。あとはこの状態がどれだけ続くかです。
もう再発は勘弁して欲しいです(^^;