東照 TVデコーダーを取り付けよう!
MURANOは全グレードにTVチューナーが搭載され、車の中でTVを見る事ができます。ただし走行中は自主規制の為に映像が出ない様になっています。既に他の車種用に色々なメーカーから走行中のTV視聴を可能にするユニットが販売されていますが、MURANOの場合は燃費情報やバック&サイドビューカメラ・カーナビなど複雑に絡み合っているために全ての機能に問題を残さずTV視聴を可能にする為には専用タイプの登場が必要になっていました。 そしてネットでも高評価の東照から専用タイプのTVデコーダが発表になりました。
製品が届き次第、使用感をレポートしたいと思います。
TVデコーダー取付編
【2004/10/21】
当初の発売予定(10/27)よりチョットだけ早くTVデコーダが到着しました。貴重品扱いでの発送でした。こういった心使いは嬉しいですね。
箱の中にはTVデコーダ・取付説明書・誓約書・ステッカーなどが同梱されています。
取付説明書は前評判通りとても判りやすく、これなら全く初めての方でも安心して作業ができると思います。
僕は前回HDDナビの取り付けで同じ場所を分解しているので実際の取付時間は約15分でした。
TVデコーダの取付が終わったところで、動作確認をして問題なければ外した部品を元に戻します。

←今まで通りパーキングブレーキONの状態でテレビ受信をします。
←次にいよいよパーキングブレーキを解除します。通常ならこれで警告表示が出てテレビ画像は出なくなり、音声だけになります。
しかしTVデコーダ取付後は何事もなかったかのようにテレビ映像が映し出されたままです\(^O^)/
最後に実走行テストです。
なるべく車の通りの少ない道路(今回は農道)でテストしてみました。
走行中のテレビ受信状況もまずまずのレベルでした。

走行中に純正テレビを見たい方にはお薦めです(^^)

このバナーは株式会社東照から許可を得て使用しています。