パドルシフトを付けてみよう!
ムラーノから後に出てきた新型車のカタログを見ていると、パドルシフト付きのモデルがいくつかありました。
ディーラーでそのシフトを見ながら「ムラーノに移植できないか?」なんて事をずーっと考えていたのですが、ひょんな事からパドルシフト付きステアリングを入手する事ができました\(^_^)/
いよいよ念願のパドルシフトDIYの実行です!

SPECIAL THANKS:K様
こちらが今回入手したパドルシフト付きのステアリング。ステアリングスイッチに関しては、実際に市販されているモデルとは違う部分がいくつかありますので、全く同じ物の入手は無理ですが、ウィングロードやラフェスタなどの一部グレードに装着されているステアリングと同等品となっています。
こちらも市販品には無い、赤ステッチ!
気分だけもスポーツカーの雰囲気が満喫できます(^^)
まずはムラーノのステアリングスイッチ機能をそのまま引き継ぐ事ができるのか?ステアリングスイッチを分解して回路解析をしてみました。
嬉しい誤算としてこのステアリングスイッチはLED照明付きでした(^^)
↑コチラが今回のステアリングに付いてきたステアリングスイッチの回路です。各抵抗の値はテスターによる実測値になっています。
↑コチラはムラーノ純正のステアリングスイッチの回路解析結果です。
こちらの各抵抗値もテスターでの実測値です。
これを比較するとオーディオ系の操作は問題無さそうです。
今回一番重要なマニュアルモード回路への割り込みを行うための変換ユニットです。いつも通り在庫のリレーで簡単に作成しました。
一応裏側(爆)
↑がパドルスイッチ部分と変換ユニットを含んだ回路になります。
これで準備完了!!
いよいよ交換作業開始です。
まずは純正ステアリングを外します。大きさはほぼ同じでした。
スパイラルケーブルに接続するコネクタにパドルスイッチからの配線を追加していきます。(赤矢印が今回追加した分です)
こちらがスパイラルケーブルの車両側のコネクタです。空きスペースにパドルスイッチ用の配線を追加しました。
純正のマニュアルモード回路に割り込むためにシフト周辺を分解します。青○部分のコネクタにマニュアル時の信号配線が有ります。
↑コチラがマニュアルモードの回路になります。赤丸の配線に変換ユニットからの配線を割り込ませていきます。 実際の作業画像は撮るのを忘れちゃいました(^_^;
あっと言う間に完成(爆) 実際にはトータル3時間ほど掛かってます(^_^;
いよいよ試乗開始!
まず、シフトアップ操作の動画です。
こちらがシフトダウン操作の動画です。

念願のパドルシフトですが、やっぱり便利&面白いです。
初めからこういう機能は欲しいですね(^_^;

2007/7/7