ドアノブ照明
某SUVの上級グレードにはドアノブに照明が点灯するようになっていました。光り物好きにとってはムラーノにも欲しいアイテムの一つでした。そこでドアノブに照明用のLEDを埋め込んでみる事にしました。
まずはドアパネルを外し、ドアノブユニットを外します。
今回埋め込むのは3mmのLEDですが頭の部分を削って光が拡散するように加工しました。LEDを埋め込む位置はいろいろ迷いましたが光源が隠れるようにノブの裏側にしてみました。好みでLEDの色・数・位置を変えてみるのもいいかな。LEDにはCRD(10mAタイプ)と配線をハンダ付けしておきます。
LEDを点灯させるための電源はパワーウインドウから分岐します。本来ならスモール連動にしたいところですが今回はお手軽にIG-ONと同時に点灯する仕様になってます。LEDだから特に問題無いかな(^^;
助手席側も同じようにパワーウインドウの配線より電源を分岐しました。
薄暗くなってきてから写真を撮ってみました。実際にはもう少しボンヤリと点灯している感じになっています。LED色をオレンジやブルーにすると雰囲気も変わりそうです。
助手席側の点灯した様子です。真っ暗な車内に光るワンポイントになりました。今回は時間が無かったので前席のみでしたが後席も時間を見て加工してみようと思います。
前回の作業では後部ドアノブの照明までできませんでしたが、本日洗車の後に作業をしてみました。今回は前回の作業と全く同じ作業なので直ぐに完了です。夜になって照明を点灯した写真を撮ってみました。