イエローフォグランプに交換しよう!(おまけ付き)
MURANOには純正でフォグランプが付けられていますが、最近の流行か発光色はイエローでは無く白色(電球色?)のバルブが使われています。このままでもほとんど使う事は無いので本来の「フォグランプ」=「霧灯」として機能させるためにバルブをイエロータイプに交換することにしました。今回はWAKOというメーカーから出ている「ブリリアンハロゲンバルブ」のスパークイエローをチョイスしました。 
《オマケとして純正OPにもある自作フォグランプイルミネーション擬きも一緒に取り付ける事にしました。》
バルブ交換の前にフォグランプイルミネーション擬きの為の青色高輝度LEDをバルブの根本に仕込んでおきます。 この部分はかなり高温になるため耐熱性を考えて作業をしていきます。
いよいよバルブ交換です。まずは簡単な助手席側から作業を始めます。フェンダー内側の樹脂カバーを取り外すとフォグランプユニットの裏側が見えてきます。後は普通に交換作業をすればOKです。
問題は運転席側です。助手席と同じように樹脂カバーを外しフォグランプ裏を覗くとそこにウォッシャータンクが有り全くフォグランプユニットが見えません(^^; 整備要領書によればバンパーを取り外す事になってますが、一人での作業では非常に大変なため、フォグランプユニットを取り外す事にしました。ランプユニットはボルト1本(上の画像の矢印および赤丸部分)で固定されています、10mmの短いスパナを持ってウォッシャータンクの裏に手を突っ込んで手探りでボルト緩めていきます。ボルトが外れたらチョット固めに固定されているので力を加減しながら前方に押し出します。これで簡単にバルブ交換ができます(^^)v
点灯テスト
バルブ交換を終えて辺りが暗くなるのを待ってからさっそく点灯テストをしてみました。 スモールを点灯するとフォグランプはぼんやりと青く光ります。
アップの画像です。純正OPのフォグランプイルミネーションは光源はランプユニットの外側に有りますが、今回はランプユニット内に仕込んでいるため汚れの心配も有りません。
今回のメインテーマで有るイエローフォグを点灯してみました。黄色さも程良い感じです。明るさも有ってこれなら雨や雪の日に活躍してくれそうです。