ドアミラーウインカーを付けてみよう
最近の人気グッズの一つに「ドアミラーウインカー」が有ります。新型車を見ると軽自動車から高級セダンまだほとんどの車種に標準もしくはOPで設定されているほどです。しかしムラーノには残念ながらOPにも用意されていません。そこで汎用パーツを使ってドアミラーウインカーを付けてみました。
より純正っぽく仕上げるために配線は全てドアミラーユニットの中を通す事にします。ミラーを外す為に鏡を上向きにして鏡の下端にドライバーを差し込む隙間を作ります。ドアミラー本体に傷が付かないようテープなどを貼って養生します。
黄色の矢印部分にマイナスドライバーを差し込みねじるようにすれば簡単に外れます。後は鏡を少し下に引っ張るようにすれば鏡は外れます。※寒冷地仕様の場合はヒーターユニットへの配線が有りますので配線を切らないように外します。
ドアミラー本体を外す為にドアの内張を外しドアミラー部分のカバーも外します。赤丸のナット3ヶ所を外すとドアミラーが外れます。
外したドアミラーからボディー同色部分のカバーを外します。このカバーにウインカーユニットを取り付ける事にしました。配線用の穴を開けるのもこのカバーのみでOKです。ちなみにこのカバーのパーツ代は1つ\3,640です。
ウインカーの配線はカバーに開けた穴からミラー本体内に入れ他の配線と同様に車内へ引き込むようにします。
元々あった配線と今回追加したウインカーの配線です(矢印)
この後、防水のためにビニールテープでしっかり巻きます。
ミラーを元に戻して、次はウインカーの為の配線です。
ウインカーの配線はフェンダーにあるサイドウインカーユニットから分岐します。ドアミラーウインカーはLEDの為にプラス・マイナスを間違えないよう確認して結線をすれば完了です。(洗車前なのでボディーの汚れは許してください)
反対側も同じ様に作業をして作業終了です。日中でも点灯は十分に確認できるだけの光量もりました。(ついでに洗車もしちゃいました)
夜になって点灯中の画像を撮ってみました。 かなりの明るさが有るので回りの車へのアピール度はかなりアップしそうです。
アニメーションgifです。こんな感じで光ります。

今回の小技DIYですが、うちの奥様にはかなり不評でした(^^ゞ
まぁ自己満足とは言えチョットガッカリです。